法律事務所で医療過誤

個人的な問題や商取引の問題で、裁判になることが明らかである時は法律事務所に弁護を依頼をされると思いますが、法律事務所はこれ以外にも法律にかかわる様々な仕事をしています。
しかし、法律事務所によっては得手不得手がありますから、依頼される前に何処の法律事務所にするべきかを考えなくてはなりません。

相談される内容としては、離婚問題、借金もしくは連帯保証人問題、相続問題、交通事故示談交渉、詐欺被害などの個人的な問題や刑事事件の被告人弁護や民事訴訟のトラブル解決などあらゆる仕事があるのです。
その中でも一番難しい問題は、医療過誤だと思います。
入院していて様態も安定しているのに突然病院から電話が入り、危篤状態のため至急来るようにと言われるケースは多々ありますが、その結果亡くなってしまった場合、医療過誤があったのではないかと思うだけで専門家でもないのに言い返す言葉が出てきません。
病院側は、医療過誤を認めることはなかなかしませんので、うやむやになってしまうことが殆どです。

病院に対して、少しでも疑惑や疑念がある時、家族の方が病院でカルテの開示を求めても開示してくれませんので、法律事務所に相談してみてください。
勿論、着手金は必要ですが、医療状況もわからず亡くなったのでは、知りたくなるのは当然です。
もし、医療過誤と言うことにでもなれば、病院側の責任は重大ですから、係争問題に発展するのを避けて、示談交渉を持ちかけられると思います。
このように法律事務所を介することによって闇に隠れた部分を洗い出すことも可能になるのです。

Copyright © 2014 法律事務所の得意分野をチェック All Rights Reserved.